ggplot2で透明度を指定したら「このデバイスではサポートしていない」旨言われた時の対処ヒント

 ggplot2で散布図を作っていたが、どうも直線y=x付近に打点が集中して、散布の実態がよくわからない。
 ローデータを見ると、分布に疎密がありそうなので、ヒストグラムを描いてみることにした。

検索:ggplot2 ヒストグラム
●biostatistics
2015.05.18
geom_histogram
https://stat.biopapyrus.net/ggplot/geom-histogram.html
 で、ここで紹介されている、これ(img srcで元サイトから表示しています)

みたいな、透過させて重ね描きしたかったのだが、「このデバイスはサポートしてません」みたいなエラーが出て、処理が止まってしまう。
 取りあえず、5群のデータの各々の分布概況がわかればいいので、透過にこだわらず塗り潰しにした。

 で、その後このヒストグラムは放置して、ほかのことやっていたのだけど、ふと、ggplot2以外で散布図の重ね描きをするにはどうするのか、調べてみようと思い、
検索:散布図 重ね合わせ
…そうしたら、同じサイトに、透過グラフのエラーについて、解決方法が記載されていた。
●biostatistics
2017.02.22
ggplot2
https://stat.biopapyrus.net/ggplot/
ggplot などでプロットするとき、半透明がサポートされていないようなエラーが出る場合がある。

semi-transparency is not supported on this device
この時、Cairo 関連のライブラリーを追加して、R を再コンパイルすることで解決できる。

sudo apt-get install libcairo2-dev
sudo apt-get install libxt-dev

この記事へのコメント